ありがとう債務整理!必ず抜け出してやる借金地獄!

最新情報

2012年7月3日
未分類
債務整理を相談するなら家の近くがいいよな??
ただでさえ面倒な債務整理手続きだ。 できれば家の近くで済ませたいものだ。 だけど家の近くにありそうな弁護士事務所、司法書士事務所なんて無名のショボそうな所ばかりだ。 実際にタウンワークやネットなどで調べて事務所のある場所まで足を運んでみたがあんまり委ねる気にはなれなかった。 そんなとき、ワシが参考にしていたサイトにこんな事務所名が載っていた。 「街角法律相談所」 一見普通の相談所なのかと思われるが違う。 この相談所ではどうやら家の近くの相談所を検索してくれるサービスを行ってるらしい。 しかも無名のしょぼい事務所は排除されてて、より実力のある事務所が選ばれるようになってる。 試しにワシがやってみた所、隣県の事務所が表示された。 その事務所は全国に支店?の事務所を構えており、名前もかなり有名だった。 それに聞くところによると実際に事務所に足を運ぶのはほとんど最初だけらしい。 手続きによって変わってくるそうだが、最初に債務整理の手続きの説明を受けてからでないと実際に手続きを行ってはいけないルールがあるらしい。 「まぁ一回くらい隣県に足を運ぶくらいならいっか。 帰りにご当地弁当でも食って帰ろう」 ワシの場合、そんな気分だった。 とりあえずその事務所に電話をして、具体的にワシの借金状況について説明した。 すると早速手続きに入ってくれた。 借金地獄に追われてる身としては有りがたいことだった。 以上が今のところの現状だ! ワシの場合、自己破産をすることになったが人生一回きりの大掃除を頑張ってしてこようと思う。 じゃあ検討を祈ってくれ!
2012年6月18日
未分類
債務整理における、知っておくべき個人再生と自己破産の違い
債務整理の存在を知ってからワシの目は変わった。 何というか前向きになった。 今までは闇金とかマチ金に借金を借りてその金で4社の借金を完済してやろうという無謀な作戦を考えていたが、債務整理に出会ってからは無謀な選択をしようとしなくなった。 よくよく考えたら今の返済能力がない状態で無謀なことをすればマジで自殺する羽目になると気づいた。 債務整理はワシの未来を変えてくれそうな気がした。 ということでいま、個人再生か自己破産のどちらかを検討している最中である。 サイトにはこう書いてあったぞ? 「車や家などの財産を失いたくなければ個人再生をしよう。 しかし個人再生は債務整理の手続きの中でももっとも費用と時間がかかる手続き… 数十万円は普通にするのでそれを踏まえた上で検討しよう。」 個人再生は資産を失わずに莫大な量の借金を減らすことに向いてるらしい。 ただ費用と時間がかかり過ぎて面倒だという話だ。 仮に個人再生をしたとしても、弁護士費用で借金をしてしまっては意味がない。 ワシは自己破産の説明を見る前に個人再生を諦めていた。 「どうせワシの家賃貸あぱーとだしぃ~ 失うとしても車くらいなら別にいいや~」 ワシの脳内は楽観的になっていた。 人間危機的な状況に追い込まれたら開き直れるものだ。 それをときにハングリー精神と呼ぶこともあると思うが、切り捨てる能力はときに人生を大きく変える産物になり得るのだと実感した。 ということで次にワシは債務整理を相談する事務所を探すことにした。 参考にしたのは同じサイト。 色々な債務整理サイトを見る中で一番情報量の多いサイトであった。 そのサイトにはたくさんの事務所の口コミやレビューなどが書かれており正直迷った。 それもそうだ。 いきなり債務整理の話を知って間もなく事務所を探すことになるなんて考えてもなかったから。 とりあえず続きは次の記事に書こう。 ワシがどの弁護士事務所or司法書士事務所を選択してどこに依頼することにしたのか? これから債務整理を相談したいと思ってる皆にも是非参考にしてほしい。
2012年6月9日
未分類
なぜワシが借金地獄に?債務整理との出会い
ある日、ワシの返済能力に限界がやってきた。 郵便局から届いた貸金業者の借金請求書、それを配達のお兄ちゃんに笑顔で渡されたときは笑顔がひきつったものだ。 なんせその時のワシは会社をリストラされ、無計画に積み重ねてきた借金の重圧で精神的にやられていたからだ。 「くそぉぉぉ!!自業自得なのは分かってるけどこんな酷い仕打ちあるかよぉぉ!!」 ワシは一人部屋で叫んだ。 隣の住人からは壁ドンをされ、上の住人からは足ドンをされた。 虚しい瞬間だった。 とにかくワシはこの借金地獄をどう切り抜けるかで頭がいっぱいだった。 会社のリストラ… 車のローン、4社くらいから借りまくった借金… だいたい300万円はあると察してほしい。 ワシはこれらの負の遺産をどうにかしようとしていた。 そんなとき。 ネカフェでネットサーフィンしていると「債務整理」という言葉に出会った。 「債務整理?なんだそれ?」 それがワシの第一声だった。 見ると債務整理とは借金を法的に減らせる手段らしい。 ワシは借金を完済するために闇金などからの借金も考えていたが、この債務整理に救われるのであった。 債務整理には4種類あるらしい。 任意整理、特定調停、個人再生、自己破産… ワシの場合どれをすればいいかなんてその時には分からなかった。 借金300万円ということで自己破産を検討したが、あいにく車は失いたくない… だったら個人再生か? そんなことを考えながらいろんな債務整理のサイトを巡っていた。 そんな中、あるサイトにこんなことが書いてあった。 「3年以内に完済できそうになければ任意整理はできない。個人再生か自己破産のどちらかだけ。」 ワシは当然3年以内の完済なんて難しい人間だから、必然的に個人再生か自己破産のどちらかになった。 「どっちにすればいいのだろう?」 ワシの債務整理に対する熱意はここから膨れ上がっていく。

債務整理を相談するなら家の近くがいいよな??

ただでさえ面倒な債務整理手続きだ。 できれば家の近くで済ませたいものだ。 だけど家の近くにありそうな弁護士事務所、司法書士事務所なんて無名のショボそうな所ばかりだ。 実際にタウンワークやネットなどで調べて事務所のある場所まで足を運んでみたがあんまり委ねる気にはなれなかった。 そんなとき、ワシが参考にしていたサイトにこんな事務所名が載っていた。 「街角法律相談所」 一見普通の相談所なのかと思われるが違う。 この相談所ではどうやら家の近くの相談所を検索してくれるサービスを行ってるらしい。 しかも無名のしょぼい事務所は排除されてて、より実力のある事務所が選ばれるようになってる。 試しにワシがやってみた所、隣県の事務所が表示された。 その事務所は全国に支店?の事務所を構えており、名前もかなり有名だった。 それに聞くところによると実際に事務所に足を運ぶのはほとんど最初だけらしい。 手続きによって変わってくるそうだが、最初に債務整理の手続きの説明を受けてからでないと実際に手続きを行ってはいけないルールがあるらしい。 「まぁ一回くらい隣県に足を運ぶくらいならいっか。 帰りにご当地弁当でも食って帰ろう」 ワシの場合、そんな気分だった。 とりあえずその事務所に電話をして、具体的にワシの借金状況について説明した。 すると早速手続きに入ってくれた。 借金地獄に追われてる身としては有りがたいことだった。 以上が今のところの現状だ! ワシの場合、自己破産をすることになったが人生一回きりの大掃除を頑張ってしてこようと思う。 じゃあ検討を祈ってくれ!

債務整理における、知っておくべき個人再生と自己破産の違い

債務整理の存在を知ってからワシの目は変わった。 何というか前向きになった。 今までは闇金とかマチ金に借金を借りてその金で4社の借金を完済してやろうという無謀な作戦を考えていたが、債務整理に出会ってからは無謀な選択をしようとしなくなった。 よくよく考えたら今の返済能力がない状態で無謀なことをすればマジで自殺する羽目になると気づいた。 債務整理はワシの未来を変えてくれそうな気がした。 ということでいま、個人再生か自己破産のどちらかを検討している最中である。 サイトにはこう書いてあったぞ? 「車や家などの財産を失いたくなければ個人再生をしよう。 しかし個人再生は債務整理の手続きの中でももっとも費用と時間がかかる手続き… 数十万円は普通にするのでそれを踏まえた上で検討しよう。」 個人再生は資産を失わずに莫大な量の借金を減らすことに向いてるらしい。 ただ費用と時間がかかり過ぎて面倒だという話だ。 仮に個人再生をしたとしても、弁護士費用で借金をしてしまっては意味がない。 ワシは自己破産の説明を見る前に個人再生を諦めていた。 「どうせワシの家賃貸あぱーとだしぃ~ 失うとしても車くらいなら別にいいや~」 ワシの脳内は楽観的になっていた。 人間危機的な状況に追い込まれたら開き直れるものだ。 それをときにハングリー精神と呼ぶこともあると思うが、切り捨てる能力はときに人生を大きく変える産物になり得るのだと実感した。 ということで次にワシは債務整理を相談する事務所を探すことにした。 参考にしたのは同じサイト。 色々な債務整理サイトを見る中で一番情報量の多いサイトであった。 そのサイトにはたくさんの事務所の口コミやレビューなどが書かれており正直迷った。 それもそうだ。 いきなり債務整理の話を知って間もなく事務所を探すことになるなんて考えてもなかったから。 とりあえず続きは次の記事に書こう。 ワシがどの弁護士事務所or司法書士事務所を選択してどこに依頼することにしたのか? これから債務整理を相談したいと思ってる皆にも是非参考にしてほしい。

なぜワシが借金地獄に?債務整理との出会い

ある日、ワシの返済能力に限界がやってきた。 郵便局から届いた貸金業者の借金請求書、それを配達のお兄ちゃんに笑顔で渡されたときは笑顔がひきつったものだ。 なんせその時のワシは会社をリストラされ、無計画に積み重ねてきた借金の重圧で精神的にやられていたからだ。 「くそぉぉぉ!!自業自得なのは分かってるけどこんな酷い仕打ちあるかよぉぉ!!」 ワシは一人部屋で叫んだ。 隣の住人からは壁ドンをされ、上の住人からは足ドンをされた。 虚しい瞬間だった。 とにかくワシはこの借金地獄をどう切り抜けるかで頭がいっぱいだった。 会社のリストラ… 車のローン、4社くらいから借りまくった借金… だいたい300万円はあると察してほしい。 ワシはこれらの負の遺産をどうにかしようとしていた。 そんなとき。 ネカフェでネットサーフィンしていると「債務整理」という言葉に出会った。 「債務整理?なんだそれ?」 それがワシの第一声だった。 見ると債務整理とは借金を法的に減らせる手段らしい。 ワシは借金を完済するために闇金などからの借金も考えていたが、この債務整理に救われるのであった。 債務整理には4種類あるらしい。 任意整理、特定調停、個人再生、自己破産… ワシの場合どれをすればいいかなんてその時には分からなかった。 借金300万円ということで自己破産を検討したが、あいにく車は失いたくない… だったら個人再生か? そんなことを考えながらいろんな債務整理のサイトを巡っていた。 そんな中、あるサイトにこんなことが書いてあった。 「3年以内に完済できそうになければ任意整理はできない。個人再生か自己破産のどちらかだけ。」 ワシは当然3年以内の完済なんて難しい人間だから、必然的に個人再生か自己破産のどちらかになった。 「どっちにすればいいのだろう?」 ワシの債務整理に対する熱意はここから膨れ上がっていく。

サブコンテンツ

このページの先頭へ